飲み放題・遊び放題のフィジー楽園アイランド【South Sea Island】

昨年、ディズニー映画「モアナ」でも舞台となった

フィジーのアイランドは300個もあるんです。

そして今回は

フィジー本島のデナラウ港から近くて安く行けて

タイトルにもある通り、島では飲み放題・遊び放題の楽園・・・

サウス・シー アイランド South Sea Island !!  についてお伝えします^^

・徒歩20分で島一周ができる?突然現れる幻想的なサンゴ礁道?

・日帰りプランと宿泊の内容

・人気のフィジービールも無料で飲み放題?!

・ランチ・ディナー・ブレックファーストの内容と飲み物について

・ウォータースポーツの種類

South Sea Islandではフィジー伝統儀式のメラを見ることもできます。

こちらのアイランドでは
若い人からシニア夫婦やファミリーまで
幅広い年齢層でゆっくりリゾート地を楽しんでいました^^

7割がオーストラリア・ニュージーランドからで
2割は中国から(40代以降の夫婦や家族・親戚連れが多数)で
残り1割が他国といった印象でした。

日本人は筆者以外おらず、英語で多国籍の人たちと
ビーチでお酒を飲みながら話せる環境でした。

徒歩20分で島一周ができる?突然現れる幻想的なサンゴ礁道?

島のサイズは小さく、ゆっくり歩いて
徒歩20分で一周することが出来ます。

サウスシーは島自体小さく
ビーチ幅も一定に広いため
安全に一周歩くことが可能です。

また昼過ぎにはサンゴ礁の道が現れます。
(上マップ画像の下側に出てきます)

曇っているのがもったいないですが・・
それでも幻想的ですよね!

道の端の方から撮ると
アイランドに導かれて行っているような写真が撮れます^^

島全体との2ショット写真も撮れます・・・笑

このアイランドについて調べてもこの
道については出てこなかったのですが
筆者的にはこのアイランドでしか撮れない
インスタスポットだと思います^^

潮引き時しか現れないスポットなので
ぜひ海に囲まれた道を実際に歩いてみてください♪

日帰りプランと宿泊の内容

行き方は日帰りプランか宿泊プランの予約をして
デナラウ港(Denarau)から
フェリーに乗って出発となります。

購入方法は
・デナラウ港(Denarau)で購入
【メリット】当日の天候で購入するか決められる
【デメリット】満員の場合購入不可

・H.I.S. / Expedia / Booking.com で事前購入
【メリット】予約なので確実であり、事故など緊急時は会社が対処してくれる
【デメリット】天気が悪いとあまり楽しめないが事前予約はほぼ変更不可
H.I.S. 日帰りプランのみ(宿泊ホテルまで送りバス付き)
・1日クルーズ FJ$209.00~
・半日午前(ファンディングニモ)クルーズ FJ$125.00~
・半日午後クルーズ FJ$179.00~

Expedia 宿泊プランのみ
・大体1泊 ¥6,200前後~
バックパッカーハウスだからなのか
宿泊人数を1人に設定しないと予約できなくなっています

Booking.com 宿泊プランのみ
・大体1泊 FJ$〜96.00〜

(※2018年5月時点での価格となります)

また留学中の方は
学校にいる旅行会社(ロージーホリデー)か
ナマカにある日本人スキューバーショップで購入することもできます。

筆者は当時まだスキューバーショップを
知らなかったので学校のロージーホリデーでFJ$320 で1泊しました。

食事は4食付きでしたがサウスシー売りの飲み放題もついておらず
バックパッカーハウスで(←綺麗なホテルと聞いていた・・・)
この値段はフィジーの感覚からするとかなり高いなと。。。。泣
日本円に考えるとアイランド1泊食事付き16,000円で安いと感じたんですが。。

Expediaか H.I.S.の価格と1万円も。。。だいぶ違います。。。

フィジー留学の方にはアイランドに行く予約をする際に
知っておいて欲しいことを下記の記事「予約方法」
にて書いているので↓ぜひ読んで頂きたいです^^

フィジーへ行ってここに行かないともったいない!安すぎる贅沢リゾート【Beachcomber Island】


 ※こちらの記事で詳細書いています。

このサウスシーで出会った気前のいいオーストラリアの人にも
「それは高すぎるよ!俺なんて今日4つ?3つ?の島をクルーズして$100だし飲み放題だぜ」
と言われて、すぐ私たちに大量にお酒を持ってきてくれました。。(T . T)笑

優しい。。本当に神様に見えました。。
今でもはっきりと顔覚えてます。。。笑

 

では、筆者はWi-Fiを持っていると勉強時間が減ると思って
ネット無し生活でしたので事前に調べていなかったのですが
宿泊施設はバックパッカーハウスでした!!

2段ベッドがたくさんあり、少し汚いトイレとシャワーの部屋が2つ

写真は撮り忘れたのですが予約サイトからみれます。

天井はフィジー柄で可愛かったです^^

ご飯の後はみんなでゲームをしました

これは真っ暗の中ヤドカリを捕まえてきて
誰のが一番最初に真ん中につくかというゲームです。
みんな名前つけて応援しまくってました。笑

一位の人は好きな飲み物?とかもらってました^^

筆者が泊まった日は筆者4人以外バックパッカー8人くらい?と
オーストラリアの学生3人組でしたので
多くの人が夜中までテントに来て話したり歌ったりして楽しかったです♪

留学でフィジーに行っている人は
英語を使って話す機会がたくさん作れるのでオススメです^^
筆者は夜中3時間くらいずっと中学生レベルですが
英語で会話を楽しめました♪

 

また、アイランドに宿泊をすると何がいいかというと
夕日と星空と朝日を見れることです!!!

これは感動します。

朝日は日本の海で見るのと違って
360度真っ暗なところから太陽が上がってくるのですが・・・
普通だと下から徐々に明るくなりますよね?
フィジーのアイランドだと360度で目の前から明るくなって行きます。
(うまく言葉では言えないのですが...)
目の前は徐々に明るくなるのに背中側は真っ暗のままなんです!


写真はだいぶ明るくなった時の状態ですが
左:背中側 暗い
右:太陽側 明るい

横に徐々に明るくなっていきます。

普通は縦に徐々に
島では横に徐々に。。
まるで夜から朝になる瞬間が前からやってくる感じです。

地球や自然の美しさ、新しい1日がやってくる瞬間
風と波の音と共に感じられるので本当に
アイランドで日の出を見るのはオススメです。

ぜひ寝る前に翌日の日の出時間を調べて
日の出前の真っ暗な状態から見てみてください♪

星もプラネタリウムかのように綺麗に沢山の星が見れます!

人気のフィジービールも無料で飲み放題?!

フィジーでお酒といったら
フィジービター(Fiji Bitter)ですよね?^^

なんとサウスシーではこのフィジービターが
タダで飲み放題なんです!!!!!

他にもワインやフィジービターに並んで有名なビールの
フィジーゴールド(Fiji Gold)も飲み放題
ミネラルウォーターのボトルもらい放題です!

プルーサイドにビールを置いて飲みながら、、、
ビーチでお酒飲みながらリラックスしたり、、、、

大人までアイランドで存分に楽しめます♪

また暑いフィジーのアイランドで飲むビールは格段と美味しいですよ^^


バーのようにカクテルも飲めます

ソフトドリンクは外の屋根の下に常に
お湯とコップが置いてあり
ティーかコーヒーを作って飲めるようになっています。

ランチ・ディナー・ブレックファーストの内容と飲み物

ランチはビュッフェスタイルになります

ビュッフェ内容は
・BBQビーフとウインナー
・鉄板で焼かれたフィッシュ(味が薄くみんな塩を足していました)
・サラダ
・フルーツ
・フライライス
・パン

美味しいです^^


日曜以外は毎日フィジー伝統儀式のメラも観れます♪

 

また、宿泊プランだとアフタヌーンティーとして
スタッフの人がフィジアンパンケーキ??を焼いてくれました^^


これはスタッフの人と仲良くなったから貰えたのか
毎日提供しているのかは謎です・・・・

 

また5時くらいからディナーの準備が始まります

前菜はコーンスープとパンとバター

メインはステーキチキンとポテトサラダとサラダ

デザートはアイスクリーム

アレルギーがある人は事前に伝えておくと
違う料理を持ってきてもらっていました。

色んな宗教・国籍の人がいるので
ベジタリアンなども多く、2割くらいは別料理でした。

ちなみにお酒はディナーが始まる前までの時間が
ハッピーアワーで半額なので
もしディナーでお酒も飲みたい人は早めに買うとお得ですよ^^

筆者はワインが好きなんですが1杯$14と
高くなってしまうので、ディナー前のハッピーアワー中に
ディナー用として2杯($7×2)買いました♪

外側のカウンターで購入します。
フィジアンの店員さんたちはフレンドリーです^^

 

ブレックファーストもランチ同様ビュッフェスタイルです

・パンケーキ
・パン(2種類)
・マフィン
・フルーツ
・ベーコン
・スクランブルエッグ
・コンフレーク

焼きたてパンケーキが特に美味しかったです^^

 

ウォータースポーツの種類

フィジーのアイランドでは
様々なウォータースポーツを楽しむことが出来ます。

サウスシーアイランドでは下記の4つ

・シュノーケリング(Snorkeling)
・セーリング(Sailing)

・カヤック(Kayak)
・スキューバダイビング(Scuba Diving)

スキューバダイビングは確か$500程で
ライセンスまで取れたと思います。

他の3つは無料でできます

シュノーケリングについては
浅い場所でしかできないので
カヤックとセーリングがオススメです!

セーリングはスタッフ1名と2〜6人?で乗れます

↑写真のように水を足で感じたり
全身で風を感じながら結構遠くまでいけるので
とっても爽快で楽しいです^^オススメです!


操縦してくれるスタッフさん♪

小雨でも楽しめましたが、
ウォータースポーツは雨と風で
ストップになることもあるので天気には要注意です!

 

シュノーケリングについては、
島から近い位置でしかできないのであまりお勧めできません。

雨が降ったり、風がある日でしたら
↑の状態になります。
波が出て水がパイプに入ってきたり
苦しい思いをたくさんしました。。。笑


水中カメラでもうまく撮れませんでした。。。

他のアイランドでは
船で島から離れたところまで行き
餌をまいてもらってするので
さらに大量に色んな種類の魚を見れます^^

この写真はビーチコンバーでのシュノーケリングです
シュノーケリングがすごい!【Beachcomber Island】

すごいですよね!シュノーケリングを楽しみたかったら
晴れた日のビーチコンバーがお勧めです^^

こちらのブログは全て筆者が
  OLYMPUSのタフカメラ(←水中可能でとてもオススメです)
とたまにiphoneで撮った写真
を使用しています

 

また、プールもあります

半分は子供も入れるくらい浅く
半分は大人でも足がつかなく結構深かったです、、

深すぎて筆者は溺れかけたので
海外では主流の棒みたいな浮き輪を使ってました。。
(近くのスタッフさんに言ったら貸してもらえます)

スタッフさんの近くに座ると歌ってくれたり、

バックパッカーのイケメンが
ココナッツを割って食べさせてくれたり、、

サウスシーアイランド(South Sea Island)は
人も海もとってもいいアイランドです^^ぜひ♪

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です