コリンディ コスタ ラズベリー の全クルー情報まとめ[2018.9]

オーストラリアの優良ファームといえば

costa コスタ

と言われており、筆者も働いているコリンディビーチと
パース・クイーンズランド・タスマニア・・・・
オーストラリア国内にいくつか拠点があります。

その中でもcorindi beach(コリンディ ビーチ)のコスタは
近くにサーファーが集まるビーチ、
スーパーもレストランも近くにあり
プライベートも充実できてオススメです。

そんなcorindiのコスタ ラズベリー クルーの情報を公開します。

その前にこれからはクルーのシステムや特徴に書いていきます。
まだ働いたことがない人やコスタの作業流れを
知らないという方はこちらの記事を読んでから見ることをお勧めします。

ラズベリー newシステムや作業流れについて

仕事中の移動は車移動するほど広い

コスタはとにかく大きいファームで
1日にいくつかブロックを移動するときがあります。

そういう時はクルー全員で車移動です。

歩いて移動するには遠すぎるからです。。。

一気に20台くらいの車が一列に農園を進んで行くのは
イニシャルDみたいになんかかっこよくて
初めて見たときは少し変な感じがすると思います。
あれ、もしかしたら筆者だけかもしれません。。

そのくらいとても広いファームです。

渋谷から新宿くらいあるのではないのでしょうか?笑

でもラズベリー は1〜2日ですぐに実ができます。
その為、労働者もかなり多いラズベリー ですが現在は

・アルファ(A)
・ブラボー(B)
・チャーリー(C)
・デルタ(D)
・エコー(E)
・フォックス(F)
・ゴルフ(G)
・ホテル(H)

と8クルーあります。

この中でフォックス(F)のみ旧システムで新入りが入るグループ
他がnewシステムとなっています。

先月(2018年8月)まではチャリー(C)も
旧システムで新入りが来るクルーだったのですが
今はフォックスのみとなりました。

インダクションを受け初心者の方は
フォックスと先月まではチャリーのクルーに配属され、
ある程度早くなると他のnewシステムクルーへ
ある日突然飛ばされる・・笑 という流れです。

この初心者クルーだと1パナッツレートが
かなり良いので
(現在9月フォックスは最低$0.95スタートでほぼ毎日$1.1〜$2とハイプライス)
筆者は毎日、時給換算すると$25以上稼げており
他のクルーへ飛ばされないように
気持ちゆっくりピッキングして居座っています。。。

(本気を出してしまうとランキング上位に入り飛ばされてしまう為)

それでも、週に3日ほどは出勤してすぐ
他クルーにヘルプで飛ばされてしまいます。。。。

時給制$24のパッキングヘルプも多くいきますが
歩合制のピッキングだと、給料は半分くらいに落ちてしまいます。。。

他クルーはピッキングにベテランが多すぎて、
1パナッツの最低レートは$0.50~0.65スタートです。

全8クルーの特徴と詳細

そこでcorindiのラズベリー で約5ヶ月働き
全クルーへヘルプに行ったことのあるので情報共有したいと思います。

アルファ(A)

・newシステム 6:30~14:00くらい(時間は日によって変わります)

・一番速いピッカーが多い・平均的に全員速いと噂されています
確かに他クルーより速いです。パッキング・ピッキング両方のヘルプに
何度か行きましたが、とにかく速いです。みんな小走りに採ってます、、

・他より速い分1日にこなす範囲が広い。

・インディアン、アボリジニーの人が多く
スーパーバイザーはオージーの30代くらいの女性で現在妊娠中。

・一番newシステムが上手く効率よくできています。
ピッカーは早く、ランナーもバケツ運びとパッキングヘルプの効率が良く
パッカーはオージーや長年勤めているインディアンの方などはしている為
パッキングで詰まることなく、スムーズです。

・一番パッキングクオリティーに厳しい。
とてもいいことです。パッキングの人たちもベテランの方なので
少しでも悪いベリーを捨ててもピッカーも文句は言わず
それが当たり前という雰囲気で、とてもやりやすいです。

・難点はチェリーピッキングすぎます。
誰も採った後の状態にいいベリーが残っていても注意していないので
(チェリー=セカンドとらず良いベリーも目に見える範囲しかとらない)

・ピッキングの人たちが口喧嘩しながら採っている・・笑

・日本人大好き。以前いた日本人の女の子がよかったみたいで
とても優しくしてくれます。ありがとうございます。
でも女の子の場合は常に話しかけられて少し疲れます。

ブラボー(B)

・newシステム 6:30~14:00くらい(時間は日によって変わります)

・後半になるとインドの寺で流れてそうな曲を
呪文みたいに大声で歌い続けながらピッキングをするという
面白いアフリカ系の人がいます。
筆者は毎回それが始まるとイヤホン外して、聞きながらピッキングします。笑
みんなその曲が頭から離れなくなるのか
一緒にヘルプに行く友達も他の人も
帰りや家で伝染したかのように呟いてました。。笑
ちなみに彼は家に帰れるのが嬉しく歌うそうです。。。

・フレンドリーです。ピッカーの方々は
woolwoogaに住んでいるインディアンやアボリジニの
おじさん方が多くとてもフレンドリー
ピッキング中もひたすら話しかけられますし、みんな大声で話してます
ヒンドゥー語で会話している人が多い気がします。

・パッカーは西洋人の20代が多いです。
ワーホリなのかわからないので、もしワーホリだったら
数ヶ月後には入れ替わっているかもしれないです。

・スーパーバイザーはインディアン?忘れてしまいましたが
40代くらいの女性です。
あまり怒ったり大声を出さないスーパーバイザーです。

チャーリー(C)

・newシステム 6:30~14:00くらい(時間は日によって変わります)

・先月(2018年8月末)から旧システム→newシステムのためお試し状態だそうです

・エコー (E)から速いピッカーが数名移動したようで
その人たちは大体1日$250くらいの稼ぎだそうです。

・スーパーバイザーはベリーを残さず採ることに厳しいです。
セカンドベリーや良いベリーの取り残しがあると
リピッキングさせられます。
(取り終わったところももう一度しないといけないか、途中で呼ばれてやり直しか)
インディアンのお母さんスーパーバイザーなので
頑張ってる人には遅くても優しかったり、女の子には優しいいい人です。

デルタ(D)

・newシステム 6:30~14:00くらい(時間は日によって変わります)

・デルタは滅多にヘルプに行かされないクルーなので
情報も少なければ、筆者も随分前にしかヘルプに行っておらず
詳しくはないのですが、そういう意味からも
他グループはインディアンや宗教の関係で日曜に休む人とても多く
ヘルプに沢山ワーホリメンバーが飛ばされます。
それがあまりないと言うことは、
土日に人が休む人が少ない
=インディアンや家族持ちの人が少ない のかなと思いましす。

エコー(E)

・newシステム 6:30~14:00くらい(時間は日によって変わります)

・スーパーバイザーが面白いと評判!でした・・
この記事を書いている前日に
フォックスのスーパーバイザーがエコーに移動となったので・・・
きっとパッキングクオリティーが厳しいはずです。

・オージーのスーパーバイザーですが、断トツで
パッキングの質に厳しく、少しでも悪いベリーが入っていると
リパックさせられます。。でも、ジョークも毎日言うし人気のある人です。
筆者も大好きなスーパーバイザーです。

・パッカーがパッキングをする前に
もう変色しているものや、ゴミとして捨てるベリーまで
全部使ってパッキングをするピッカーが多く
パッカーが捨てたセカンドボックスから
ベリーをとって怒りながらパッキングをするピッカー
(全てインディアンの女の人たちなのですが・・・)
そう言うルールーに従わず、アジア人のワーホリパッカー達は
嫌になって他のクルーに変えてもらうだったり
辞めるという人が多いなど。。筆者も一番嫌なヘルプ先でした。。

・ですが、スーパーバイザーも変わったので
改善されるのではないのかな?と思います。

フォックス(F)

・旧システム 7:15~12:00くらい(時間は日によって変わります)

・スーパーバイザーは新しくスーパーバイザーになった
若いインディアンの女性です。
可愛いです。ハキハキテキパキしたスーパーバイザーです。

・スーパーバイザーの助手みたいな人はまだ22歳の
たまにサイコパスみたいに無心になる男の人です。笑
たまに言動が可愛くて筆者は大好きなのですが、、、
ヘルプに飛ばす時、行き先の場所間違えが多くて
時間ロスになるのでヘルプに飛ばされたら
ヘルプ先のクルー名と場所を
2度くらい聞いて確認をしっかりしましょう。
間違ったことに怒りに行っても絶対謝りませんし
大したことないからと、これがコスタだーとか
サイコパスっぽくなるので確認大事です。笑

・現在2018年9月 minimumレートが$0.95~
大体クルー全体で平均くらいのスピードの人でも
時給に換算すると$20以上は稼げます。
全員が初心者でかなり遅いクルーです。
経験者は時給$30以上余裕ですが、
翌日には他クルーに移動させられます。

・ほとんどはワーホリの人なので
台湾・香港5割、韓国2割、西洋2割、日本1割
と言った割合です。

ゴルフ(G)

・newシステム 6:30~14:00くらい(時間は日によって変わります)

・パッキングのクオリティーがだいぶ悪いです。
まずサブスーパーバイザーに言われた
セカンドにするベリーの基準が緩すぎて
セカンドに柔らかいベリーや汚いもの少しまだ白いベリー
捨てていたら、逆に怒られます。。。
他クルーではセカンドにしないといけないものでも
ここではパッキングに使いましょうと言われます。。

・またピッカーの人がピッキング終わってくると
セカンドにベリーを捨てられたくないから
全て自分でパッキングしようと奪いにきます。。。
(こういうところがnewシステムの悪いところです)

・スーパーバイザーは9月より、
エコー(E)でサブスーパーバイザーをしていた
お母さんみたいなインディアンの(また、笑)方です。
いつも「I remember you」と言ってくれて
優しいスーパーバイザーですが、インディアンには緩い、、
そしてサブスーパーバイザー達も
女のインディアンの人たちだから、
ワーホリで働いている私たちアジア人や西洋人には
働きにくいなと感じる人が多いのではないのか?と思います。
人それぞれかとは思いますが。

ホテル(H)

・newシステム 6:30~14:00くらい(時間は日によって変わります)

・ピッキングの厳しさとパッキングの厳しさは
どれもしっかりしていていいグループです。

・いろんなクルーにヘルプへ行った人たちが
口を揃えていうのがもしnewクルーに行かないといけないなら
ホテルがいいと言います。

・理由がバランスが取れていることと
現地民のインディアン・オージー・アボリジニの
ベテラン以外にもワーホリのアジア人西洋人が
他より多くいるからだと思います。

・他のnewシステムグループよりレートも良い日が多い

 

以上で終わりですが
大体どんな感じの状態かわかったでしょうか?

またコメント欄より聞きたいことなどあれば
受け付けます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です