オーストラリアのワーホリで日本から持参したほうがいいモノ【ファーム生活編】

私もワーホリに行く前に一番調べたことが
持ち物に関してでした。

何を持って行くといい、
何なら現地で買う方が良いか
何を日本から買っていけばいいのかなど。。。

ワーホリ予定の人にとって一番悩む点ではないのかなと思いますが
みなさんはどうでしょうか?

ちなみに私はワーホリ準備をしていた1年間ずっと
暇さえあれば調べてましたよ!

それなのに
持ち物を持ち込みすぎて失敗した私の
”これは本当に持ってきてよかった〜”
をご紹介致します。。。笑

その前に何故筆者がそうなったかというと
ファームでの生活をメインにしている方のブログと
シティーでの生活をメインにしている方のブログと
学校での生活をメインにしている方のブログの
全てを参考にして揃えてしまったので
もう誰からも荷物多すぎない??!と言われる
常に荷物多すぎと人から言われる事態に。。。。汗

フィジー語学留学→ファーム生活→シティ生活を経験を通して
筆者は何をメインにして生活するかによって
必要になる(活躍する)モノが変わると思ったので
どの生活メインでは絶対にあるといい!をご紹介致します!

・ファーム生活メインで活躍したモノ
・シティ生活(語学留学)メインで活躍したモノ

ファーム生活メインで活躍したモノ

 

◯ 速乾タオル

友達にも絶対にオススメしているものが

「速乾タオル!!!!」

私もワーホリ準備でいろんな方のブログを読むまで知らなかったのですが
日本にはジムやスポーツ用で作られている
薄い生地のような特殊な素材の速乾タオルがあります。

小さくコンパクトになる(通常タオルの4分の1)
乾燥オーストラリア では1時間くらいで乾く
移動の前日や雨の日でも翌日には乾いている

と、もう利点しかない優れものでした。。

1枚と100均のガサガサタオル2枚しか
持って行かなかったのですが
乾燥タオル3枚を持ってきたらよかったです。

オススメは タオルは乾燥タオル3枚だけ です。

どうしてもタオルが一番場所を取るので
乾燥タオル3枚だけ持っていきましょう。
Tシャツ2枚と同じ量になりますよ

ファームでは基本みんな1日に1回洗濯をして
毎日同じ仕事着で働いているのでタオルも
3枚あれば十分足ります^^

途中で足りないと思ったら
オーストラリア で1枚$2あたりで購入できますよ。

筆者が購入したものはもうなくなってしまっていたのですが
似ていて一番いいと思ったのをリンクつけておきました!

 

 

◯ ヒーリングタオル(冷感タオル)

先ほどの速乾タオルとセットで購入した

「ヒーリングタオル」

こちらも、暑いオーストラリア では本当に活躍します!

こちらもコンパクトで暑いときは水に濡らせば
冷えピタのようにひんやりとして涼しくなったり

風邪を引いて高熱になった時に
ファーム地域の近くには冷えピタなんて購入できるところがなかったので
昔ながら濡らしたタオルをおでこに置いていたのですが
何時間しても乾燥するまで冷たい状態が続いて
本当に良かったです!!!

周りにも気温差の激しいオーストラリアで
風邪を引いてしまう方が多かったので
1枚持っているといざという時
ファームで暑すぎる時
大活躍なので クーリングタオル1枚 オススメです^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひんやりタオル 冷感タオル 熱中症対策 冷たい 冷える ひんやり メール便のみ送料無料1
価格:480円(税込、送料無料) (2018/12/24時点)

楽天で購入

 

 

私が購入した速乾タオル×1&冷感タオル×1セットは
終わっていたのですが、同じもので1枚販売のリンクです↑

結構3〜5枚セットで販売されていますが
1枚だけで十分です^^2枚以上は現地で荷物に感じると思います。。

◯ コンパクト寝袋

オーストラリアについた秋の時は
寝袋なんてなんで持っているの?と
聞かれていたのですが
コレが冬になると大活躍しました!

冬の6〜9月の夜は本当に
毛布1枚と布団1枚でも寒いです!

オーストラリアってこんなに寒くなるのかと
ワーホリの人みんなが口揃えて言っていました。笑

そして、ファームの地域の家って
結構暖房禁止だったりして本当に寒いんです。

私が働いていたコフスハーバー は
車で数十分でKmartやBIGWがある地域だったので
周りの人たちは電気ベッドシートや毛布を購入していました。
ですが、
通常ファームがある場所は1時間以上ドライブしないと
家電・家具を購入できるところがないと聞いたので
ファームで働こうと思っている人で
冬の時期を経験するなた日本で-0度対応の
コンパクト寝袋を持参しましょう。

現地でも安く寝袋を購入できるのですが
コンパクトにならず、-0度対応していないので
寒い冬に向きません。

また、筆者は何回か車で遠出する際に
車中泊をしていたのですが
この時もこの-0の寝袋を持っている私だけ
寒さ知らずで朝を迎えることができましたよ!

他のKmartで購入した友達はみんな
寒すぎて寝れなかったと言ってました。笑

オーストラリアにいるとファーム友達と
キャンプなどもいく機会があると思うのでぜひ!
ファーム生活やのちにラウンドをしたい人は必須です。

筆者はこのコンパクトで軽量で洗濯可能。-0以下対応
こちらを購入していきました!10ヶ月経った今でもしっかりしています!

 

◯箸

やっぱり自炊生活のファームでは
お米メインでみんな料理をしていますが
アジア人はお箸でご飯を食べます。

みんなマイ箸があるのです!!!!!

私は持って行っておらず
Kmartやスーパーで探したのですが
箸が売っていません!!!!!!

ファーム生活をしたらシティとは違って
なんでも手に入る環境ではないので
箸は日本から安いものでもいいので持っていくといいですよ^^

オーストラリアだとシティにあるダイソーも約3ドルなので・・・

◯化粧水などの保湿剤

男性は要らないかもしれませんが、
女性はもう必ずと言っていいほど必須になります!!!

日本とは全く違って乾燥国なので!!!

そして、何が問題かというと
スキンケアでオイルやクリームはあるのに
化粧水が売っていないんです。。。

最近人気のオーガニックのsukinというメーカーで
ミストタイプの化粧水が販売されていますが
小さいサイズで$12とかなり高めです。。
そしてしっとり系では無くさらっとしている自然派化粧品なので
プラスでオイルをつけないと逆に乾燥します!

シティーでは日本製の化粧水も買えるのですが
ファームで困って近くにドラックストア
(ケミストウェアハウス chemist warehouse /プライスラインファーマシーpriceline pharmacy)
が遠くて行けないのでしたら、スーパーで買えるオリーブオイルかココナッツオイルを
洗顔後に使うといいですよ〜

化粧水をして水分保湿の蓋としてオイルを使うことが一番いいですが
化粧水が手に入らない時は、食品用のいいオイルを保湿剤として使うと
ひどいオーストラリアの乾燥と紫外線にも耐えられると思います^^

シティー生活なら現地でも化粧品は手に入りますが
ファーム生活では手に入らないのでぜひ余裕があったら持ってきましょう。

筆者は溜まっていた試供品と
日焼け止めBBと同じラ ロッシュ ポゼの化粧水と
フェイスマスク30枚入りのボックスを2つ・・・笑

元々半年ファームで働く予定だったので
かなり多めに持っていきましたが
何度かゴールドコーストやシドニーに
遊びに行くときにも買ってました^^

でも車で筆者がいたコフスハーバー はまだ
シティに近いファーム地域でしたがそれでも
3時間のゴールドコースト・6時間のシドニーに
中々行く機会がないと思うので
ある程度乾燥対策グッズを持って行くといいですよ♫

ただでさえオーストラリアの強い紫外線を浴びるのに
乾燥までしていたらダメージ大です。。

1年後にはシミだらけでシワも増えますよ。。

これは美容オタク筆者のオススメ2つです↓

 

ボックス30枚より1枚ずつのタイプの方がより保湿効果が高いシートで
冷蔵庫のスペースも取らないので、いいですよ^^

 

洗顔も化粧水も↑で
朝早いファームに最適な日焼け止め50pa + + + +BBクリーム

正直オーストラリアの紫外線には50以上 +++以上ないとダメです。

沢山調べた中で、準備中の1年間試した中でこちらが一番良かったので
女性で化粧品に悩んでいたら
今日の記事1オススメグッズです。。。笑

男性でも、上記のカラーレスバージョンオススメですよ^^

朝は起きてスプレーで化粧水して
BBを1分くらいで塗って終わり。。
ファームから帰ってきてこの洗顔だけでオフも終わり。。。

ぜひぜひワーホリ行く方は試してみてください🎶

◯ファーム用の帽子と持っていれば襟付きの服等

意外と忘れがちなファームグッズで
ファーム用の帽子です。

現地でもキャップや農家帽子は購入できますが
首までカバーするデザインは中々売っていないので
首を焼きたくない人は持参するしかありません。

 

そして、これまた意外とない情報ですが
いくつかのオージー経営のファームでは
襟付きの服着用が必須です。

オーストラリアでも服は安く$10〜20で購入できるので
わざわざ日本で買ってくる必要はないのですが
もし要らない襟付きの服があれば持ってきたほうがいいです・

あと、要らない学生時代のジャージのズボンなど。。。笑

ファームでは襟付き・長袖・長ズボン・踝が隠れる靴
が決まりのところが多いです。

捨ててもいいものがあれば持ってきて
特になければ現地で安く購入するのがいいです🎶

 

以上の

・速乾タオル×3
・冷感タオル×1
・寝袋(-0度以下対応・コンパクト)
・箸
・化粧水などの保湿剤
・ファーム用の帽子と襟付きの服等

ファーム生活する予定の人には
ぜひ持参することをお勧めします^^

でもなんだかんだ言って

一番のポイントは荷物を持ってきすぎない

ということ(笑)
あれもこれもあった方がいいと思い持ってきてしまったのですが
本当にその必要ないです。
生活に必要なものは基本売ってありますし、
物価も食事以外は変わらない、むしろ安いものも多いですよ

荷物が多いと
ファームのシーズンが終わった時に
引っ越しの準備が大変なことになります・・

ものがない方がシンプルに勉強にも集中できて
いい環境ができるんだろうな〜って
いつも思いながら片付けに時間を取られています・・

ミニマリストの本を沢山読んだのに学ばない私。。。

一番の失敗点は荷物を持ってきすぎたことなので
移動の多いワーホリ生活さらにファーム生活をする予定の人は
荷物は極力シンプルに・最低限のもの を意識しましょう〜

 

私はスーツケース2つとリュック2つにパンパン入れてますが
基本みんなは大きなスーツケース1つで収まってます。。。。

 

何か質問等ありましたら
お気軽にコメント欄よりお聞きください♫

 

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です