【情報募集・海外留学】コロナウイルスによる学費の返金に関して

表題について今エージェントと話を1ヶ月ほどしていますが、とても困っています。

他に同じような状況の人はいないか、またどうしたのかを知りたくて投稿しています。

 

私は、オーストラリアのワーキングホリデービザ が切れてしまうため、3月上旬に帰国しました。

その時はオーストラリアは感染者1桁、日本は感染者が増えていました。

なので、私は4月上旬に学生ビザでオーストラリアに戻る時は日本からの入国制限がかかるかもしれないと心配してエージェントに何度も「入国制限がかかった場合はキャンセル料がかからず返金があるか?」を何度も確認していました。

そして、2月下旬にオーストラリア(シドニー)のオフィスで学生ビザの契約書にサインをする際にキャンセル規定について案内があったので、その際も「入国制限がかかってビザが取れない場合は返金ありますか?キャンセル料はかかりませんよね?」とお聞きしたところ、「今の状況から制限がかかることはないとは思いますが、もしなっても政府からの命令なので流石に返金ありますよ。特別な対応になりますよ。安心してください。また、日本からのビザ申請でも今から準備しておいたほうがいいので〜」と言われました。

なので、この先の状況がわからない状況でもサインをしてお支払いをしました。

 

結論から言いますと、

オーストラリアが国民以外の入国禁止・学費は通常通り30%のキャンセル料が発生する

という結果になりました。

エージェントには何度も担当者の方がサインの際も私が何度も確認していましたが、会社の代表者からは「当社は『全額返金』とは言っていない」という主張です。

 

サインの際に、一筆「入国制限がかかった場合はキャセル料ない」など書いてもらわなかった私が悪かったと反省しています。ですが、担当者がその時にあの対応ではなく「心配でしたら日本からのビザ申請なのでまだ悩んでもいいと思いますよ。」という返答であったり、その時に学校に電話やメールで確認をしてくれていたら私もサインしてお支払いしていませんでした。

 

日本人の会社ですが、日本法人でしたら、担当者の発言によってサインをしたため勧誘の点で会社側に責任がありますが、海外法人なので法律も変わってしまいます。

 

エージェントの担当者が発言を認めてくれず証拠がないため、エージェント側の非を認めてもらえません。

現在は、私は弁護士と相談していますが、同じ状況であったり、コロナウイルス のため留学に行けなくなった方々はどうされたか情報が欲しいです。

 

海外の学費はとても高いです。同じような状況の方も頑張って貯めたお金だと思います。

 

もし、何か似ているような状況であったり、現在海外で困っている方がいたり、アドバイスがありましたら是非コメント欄より教えてもらえると嬉しいです。

または、私のインスタグラムにDMでも大丈夫です!

皆様が無事でありますこと、健康でありますこと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です